森田歯科医院

インプラント治療例

インプラントとは

インプラントとは、失ってしまった歯の根が本来あった場所に人工的な金属の土台を埋め込み、その上に人工的な歯を固定させる方法です。
日本でもインプラントという治療法が導入されるようになり20年あまりが経過し、一般的にも知られるようになってきました。

インプラントの特徴

入れ歯とは違い、着脱の面倒もなく自分自身の歯で食事をしていた時と同じ様に噛むことができます。今日、インプラントは様々な術式の開発によって従来の治療手段では到達困難であった治療の問題点を解決し、そのゴールを達成することが可能となり、更に現在でも進化を続けています。
失った歯を最も機能的に、洗練された方法で修復するのがインプラントです。歯根が失われたままの状態で治療を行うブリッジや入れ歯とは異なり、人口的に歯根を再現します。失った歯が1本だけの場合、歯のない部分が広い場合や数本失ってしまった場合、または歯が全くない場合でも、様々なケースで治療が可能です。


当院では生体活性なHAインプラントの優位性を活かし
『予知性の高い、患者さんの侵襲の少ないインプラント治療』
を実践しています。
骨の少ない方のインプラントや抜歯即時インプラントも可能ですのでご相談下さい。


治療例

インプラントを利用して口腔内全体の治療した例

治療例
【治療前】

治療例
【治療後】

全体的な治療が必要なケースです。
料金や時間もかかるため、患者さんの協力も重要となってきます。
治療期間中に患者さんの知識も口腔清掃の技術も向上し、治療後も健康な状態が維持されています。


治療例
【治療前】

治療例
【治療後】

臼歯部が無くなって噛めなくなり、前歯部までぐらつき、審美も機能も崩壊したケースです。
臼歯部にはインプラントを埋入し、きっちりと噛む力を支えます。上顎の前歯部は自分の歯を利用して固定式の修復を行いました。
このような症例は噛み合わせの歪みを修正し口腔内全体を包括的に診断し、治療に進むことが重要となります。


骨の少ないところにもインプラントは可能

治療例
▲【治療前】
義歯の装着に違和感がありインプラントを希望されたケース。

治療例
▲【治療後】
上顎に6本インプラントを埋入し、全顎はセラミックスで修復。

治療例
▲治療前のレントゲン

治療例
▲治療後のレントゲン




全く歯のない方も固定式の補綴が可能

治療例
▲【治療前】
総入れ歯を入れていたケース。

治療例
▲入れ歯をはずした様子。

治療例
▲骨のないところに骨を作り、インプラントを埋入して固定式の補綴が入る準備が完成しました。

治療例
▲【治療後】
期間も費用もかかりますが、患者さんの満足度も高められる治療です。



手術費用
インプラント治療 1本: 350,000円〜
サイナスリスト 1本: 50,000円 

インプラントは補綴物を含めた金額です。

総合診断、治療計画、治療費などに関しては患者さん一人ひとりに充分現状を説明し、いくつかの違った治療方法を説明した上で患者さんの同意を得て、最終的な治療プランを決定し治療をスタートします。
上記は税抜き金額です。


ページのTOPへ


Copyright(C) 2006 大阪市北区 森田歯科医院. All rights reserved.